こだわり別!札幌市の老人ホーム3選

【札幌市】安くて安心!料金面が不安な方におすすめの老人ホーム3選

老人ホーム選びにおいて必ずと言っていいほど気になるのが料金ではないでしょうか。ただ、施設ごとにサービス内容も価格設定も違うため「どの老人ホームを選んだらよいか決めきれない!」という方も多いはず。このページでは、札幌市にある老人ホームを料金の観点から厳選比較、おすすめの老人ホームを3つピックアップしています。


そのほか、老人ホームの値段の違いについて、事前に押さえておきたいポイントなどもご紹介しています。リーズナブルな価格帯でも安心して暮らせる老人ホームを知りたい、という方は当ページの情報を参考にしてみてください。



北海道における老人ホームの相場料金は入居時が13.4万円、月額の利用料が12.7万円となっています。しかし、中には月額10万円以下や入居料が0円の老人ホームも存在します。
サービス内容もさまざまですが、入居者の状況や家計に合わせた適切な老人ホームを選ばなければなりません。こちらでは、数ある老人ホームの中でも特におすすめしたいところをまとめていますので、ぜひチェックしてください。

天然温泉付きの老人ホーム!キレイな空間で最高の介護・医療サービスを実現

ノアガーデン

  • リーズナブル
  • 快適な住空間
  • 安心の暮らし

ノアガーデンの基本情報

施設名ノアガーデン エリザベス
住所北海道札幌市清田区平岡5条1丁目7-10
施設・設備環境天然温泉大浴場完備!充実した設備環境!費用が安く外観・施設内がきれい
サポート合葬墓の相談可、充実した介護・医療サービス
問い合わせ電話:011ー813-5517
運営会社株式会社ノアコンツェル
介護事業の実績デイサービス/介護保険・訪問介護・障がい福祉/定期巡回・随時対応型訪問介護看護など
札幌市内のホーム数25棟
ノアガーデン他の施設
施設名ノアガーデン コニーズ バレー
住所北海道札幌市西区発寒8条13丁目1-1
施設名ノアガーデン オリヴィエ
住所北海道札幌市手稲区西宮の沢4条1丁目11-20
施設名ノアガーデン リブ・カシータ
住所北海道札幌市東区北6条東6丁目1-7
施設名ノアガーデン シーズンベル
住所北海道札幌市豊平区福住1条5丁目3-1
施設名ノアガーデン エレンクラッセ
住所北海道札幌市中央区南13条西23丁目1-20

ノアガーデンの強み

ノアガーデンは、株式会社ノアコンツェルが運営する札幌市の老人ホーム。市内に25箇所展開し、閑静な住宅街に建てられた安らぎの住まい、交通環境に恵まれた好立地の住まい、豪華な外観とホテル品質にこだわり落ち着いた内装の住まいなど、こだわりやライフスタイルなどに応じて選ぶことができる。

ノアガーデンのポイント

  • 豪華な外観とホテル品質の内装

    札幌市清田区にある「ノアガーデン レジェンド」は、古代ローマを彷彿とさせる豪華な外観とホテル品質にこだわった落ち着いた内装が特徴の老人ホーム。万全の看護・介護体制により、利用者が安心して過ごせる環境が整っている。特殊浴槽付きの天然温泉も完備で、毎月11万600円~の支払いで利用できる。

  • 完全個室でプライバシーに配慮

    札幌市清田区美しが丘にある「ノアガーデン カーサ・リッツ」はホワイトハウスを連想させる外観とヨーロッパ調のシックな内装、広々としたエントランスが特徴の老人ホーム。完全個室でプライバシーに配慮された快適空間や味はもちろん栄養面まで考えられた食事、心と体に優しい天然温泉など、上質の暮らしを送ることができる。

  • 利用者の健康を24時間体制でサポート

    より快適で健やかなシニアライフを過ごしてもらえるように、ロケーションに恵まれた札幌市清田区美しが丘に建てられた「ノアガーデン カーサ・リッツ・セカンドコート」。利用者の健康を24時間体制でサポートし、天然温泉の大浴場や専任スタッフによる心温まるサービスを備えており、ハイクオリティな生活を送ることができる。

ノアガーデンに寄せられた口コミ

  • 安心してお願いできる

    伯母がお世話になりました。コロナで面会も余り出来ない状況ではありましたが、職員の方々がよくケアをしてくれたので淋しい思いも余りせずに過ごせたみたいです。

    最後は2ヶ月弱病院で入院生活でしたが、ここに帰るのを楽しみにしていました。不足した物等を届けると顔を合わせた職員の方々が皆さん伯母の様子を話してくれるなど本当に安心してお願い出来た場所でした。 引用元:https://www.google.com/

「自分らしさ」を追求できるホーム!自然と笑顔になれる質の高いサービス

くらしさ

  • リーズナブル
  • 認知症の方の生活支援あり
  • 催し物を多数開催

くらしさの基本情報

施設名くらしさ手稲
住所北海道札幌市手稲区富丘2条6丁目2-1
施設・設備環境認知症対応型共同生活介護にも対応している
サポートひとりひとりの人生に向き合い自立した生活をサポート
問合わせ電話:0120-060-729
運営会社元気な介護グループ
介護事業の実績訪問介護/訪問看護/通所介護/特定施設入居者生活介護など
札幌市内のホーム数10棟
くらしさ他の施設
施設名くらしさハウス八軒
住所北海道札幌市⻄区八軒5条西3丁目3-27
施設名くらしさ琴似
住所北海道札幌市西区琴似1条7丁目1-8
施設名くらしさ厚別
住所北海道札幌市厚別区厚別西4条4丁目5-2
施設名くらしさあいの里
住所北海道札幌市北区あいの里2条8丁目4-8
施設名くらしさ厚別西
住所札幌市厚別区厚別西1条3丁目3番16号

くらしさの強み

くらしさは、元気な介護グループが運営する住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム。明るく元気な毎日を送れるように「がんばる!」を全面バックアップしている施設、楽しくにぎやかにをコンセプトにその人らしい生活をサポートする施設など、施設ごとに特色が異なります。

くらしさのポイント

  • 「がんばる!」を全面バックアップ

    札幌市西区にある「くらしさハウス八軒」では、明るく元気な毎日を送れるように、と利用者のがんばる気持ちを全面にバックアップ。機能訓練や趣味活動、食事・おやつ作りなど、できることをみんなで行っている。毎年8月におこなう夏祭りでは、地域の方々にもたくさん訪問してもらえており「くらしさハウス八軒」の一大行事となっている。

  • 一人暮らしが不安な方でも安心して暮らせる

    札幌市北区にある「くらしさあいの里」は、一人暮らしで不安を抱えている方が安心して暮らせる住宅。駅から徒歩2分の好立地にも関わらず閑静な住宅地にあり、24時間介護スタッフが常駐しているため、いざという時も安心できる。食事は管理栄養士によって栄養管理をおこない、長く美味しい食事を楽しんでもらえるようにサービスを提供している。

  • 医療・金銭面でお困りの方も安心

    札幌市厚別区にある「くらしさ厚別西」は、楽しくにぎやかに生活する!をコンセプトの老人ホーム。併設の小規模多機能型ホームくらしさ厚別西と連携し、その人らしく生活できるよう、24時間介護スタッフ常駐で生活のサポートをおこなっている。介護はもちろん、医療面や金銭面で困っている方、身寄りのない方でも安心して生活できるようにサポートしてくれる。

介護サービスが充実!利用者の想いやスタイルによって選べる施設が魅力

らくら

  • リーズナブル
  • 異なる2つのスタイル
  • 入居前面談あり

らくらの基本情報

施設名有料老人ホーム らくら新道東
住所北海道札幌市東区北31条東19丁目2-11
施設・設備環境生活とケア方法から選べる介護施設
サポート高齢者向け給食・配食サービスや施設と利用者のマッチングサービスあり
問い合わせ電話:0120-862-870
運営会社株式会社らくらホールディングス
介護事業の実績デイサービス/訪問介護/訪問看護/定期巡回・随時対応型訪問介護看護など
札幌市内のホーム数5棟
らくら他の施設
施設名有料老人ホーム らくら拓北壱番館
住所北海道札幌市北区拓北6条1丁目5-15
施設名有料老人ホーム らくら宮の森
住所北海道札幌市中央区宮の森2条16丁目1-38
施設名サービス付き高齢者向け住宅 らくら拓北弐番館
住所北海道札幌市北区拓北6条1丁目5-10
施設名サービス付き高齢者向け住宅 らくら新川
住所北海道札幌市北区新川2条6丁目5-1

らくらの強み

らくらは、株式会社らくらケアが運営する老人ホーム。有料老人ホームは札幌市内に3施設あり、「介護付で包括的ケアの介護施設(おまかせケア)」と「住宅型で選択型ケアの介護施設(選べるケア)」の2つのラインナップを用意している。ライフスタイルやこだわりなどから好きなスタイルを選べる。

らくらのポイント

  • 心のつながりを大事にしている

    札幌市北区にある「らくら拓北壱番館」は、悲喜交々の人生を最期は感謝でお別れできる生活を目指している施設。小規模という特徴を最大限に生かして、利用者とその家族、職員との心のつながりを大切にしている。特に、最期まで笑顔でいられるような利用者とその家族との関わりを育んでいく。

  • 明るさと元気あふれる職員

    札幌市東区にある「らくら新道東」では、利用者の新しい暮らしに相応しく、明るく華やぎに満ちた環境を心がけている。また、医療サービスも併設しているため、細かな身体状況の変化にも対応し、健康寿命を延ばしていける取り組みもおこなっている。利用者の「こんな生活」がしたいを何よりも尊重した活気ある施設。

  • 最期まで自分らしい生き方を全うできる

    札幌市中央区にある「らくら宮の森」は、自宅と変わらない生活習慣をそのまま続けてもらうことを目指している施設。「我儘ではなく、わが、ままに!」のコンセプトのもと、今まで通りのライフスタイルを続けられるのが「らくら宮の森」。年齢を重ねるごとに喜びを見出すことで最期まで自分らしい生き方、生活リズムを全うできる。

料金面を重視して老人ホームを選ぶ!

老人ホーム選びの際に不安を感じる方も多いのが料金面ではないでしょうか。入居している期間が長くなればなるほど料金はかかるので、できるだけ安い場所に決めたいという方もいるでしょう。

しかし料金だけを見て決めてしまうのはおすすめできません。ここでは高い施設と安い施設にどのような違いがあるのか、安い老人ホームが危険なのかどうかについて触れていきます。ぜひ参考にしてみてください。

安さを売りにしている老人ホームは危ない?

老人ホームのニーズが増えるに従って、老人ホームごとの強みや売りもさまざまなものになっています。その中でも安さを売りにしている老人ホームは増えており、できるだけ金銭面での負担を減らしたい利用者やその家族にはとても魅力的に感じるのではないでしょうか。しかしその反面、あまりにも安い老人ホームは何か裏があるのではないかと不安になる方もいるでしょう。

もちろん安い老人ホームには安い理由がありますが、その理由がすべて怪しいものというわけではありません。たとえば格安老人ホームの中には高度医療を必要としている方の受け入れができないなど、医療依存度によって入居できる方を限定している施設があります。これは人件費削減などの観点から看護スタッフが常駐しておらず、限られた人員で運営していることが理由で格安を実現できていると言えます。

また格安の老人ホームでは介護・介助に関するサービスは保険内で対応しているものの、そのほかの健康診断や買い物代行、日用品などに別途料金がかかるケースもあります。このように安いから必ずしも危険というのではなく、必ず何かしらの安い理由があることを理解しておきましょう。その理由が明確で納得できるものであれば、入居に不安を感じる必要はありません。

老人ホームの値段の違い

介護サービスの有無

老人ホームで値段の差が生まれる理由のひとつに、介護サービスの有無が挙げられます。一般的に住宅型有料老人ホームの介護サービス費は、介護度や所得によって自己負担額が異なるので月額料金には含まれていないそうです。

また医療サービス費が含まれていないこともほとんどです。そのため在宅介護と同じように、月額料金のほかに医療・介護サービスの料金がかかることになります。

一方で介護付き有料老人ホームは、介護度によって介護サービスの料金が決められているので、月額料金に介護サービス費が含まれています。そのため住宅型有料老人ホームに比べて月額費用がやや高めに設定されていますが、その分24時間体制の介護が受けられたり医療面が充実していたりと付加価値があるのです。

このように表面に見える料金には差があるかもしれませんが、実際に総合するとそこまで大きな差がないということもあるので、総額でいくらかかるのかは事前に確認しておきたいポイントです。

部屋の広さ

値段の違いが出る部分として、部屋の広さも挙げられます。部屋には「個室」「ユニット個室」「多床室」などがあり、プライベートが守られる個室でなおかつ広い部屋であるほど料金が高くなります。

ユニット個室は全室個室ですが、各居室の真ん中に共用リビングがあるのが特徴です。各居室にキッチンやトイレなどのあるシェアハウスをイメージするとわかりやすいかもしれません。

各部屋からすぐ共有スペースに移動できるので、利用者同士の交流を活発におこなうこともできます。価格を抑えながらプライバシーも確保できるため、最近増えているタイプでもあり人気もあります。

多床室は病院に入院する際の大部屋のようなものです。同じ部屋にいくつかのベッドが置かれ、ベッドの間はカーテンで仕切られていますが、どうしても同士の方の匂いや生活音などプライバシー面で不十分です。その分価格は安く入居しやすいとも言えます。

立地条件

立地条件によっても、老人ホームの価格は大きく変わります。たとえば駅から近く周囲にお店が多いような立地にある場合はその分料金も高くなるでしょう。

とくに介護を必要とせず自立状態にある場合は、自分で買い物に行ったりでかけたりすることも多いので、こういった立地を選ぶ方もたくさんいます。もともと立地のいい場所に住んでいて、そこから近い場所で老人ホームを探したいという場合はある程度費用が高くなることを理解しておくべきでしょう。

もちろん自然が多く、都市部から離れている方がいいと考えている方もいると思います。そういった場所のほうが駅チカの老人ホームより価格は抑えられる傾向にありますが、その分交通利便性が低く、外に出る気力が失われてしまうということも珍しくないようです。これまで住んでいた環境によっても立地の好みは変わってくるので、値段も加味しながら住みやすい立地条件を考えてみましょう。

スタッフの数

スタッフの数が多く、よりサービスが充実している老人ホームの方が価格も高くなります。とくに介護付き有料老人ホームは入居者3名につき1名の介護、または介護職員を配置することが義務付けられているので、必ずこの人員を確保しなければなりません。

またこの人数は最低限の基準なので、それ以上の人員を配置している施設もあります。もちろんその分手厚い介護が受けられますが、人件費がかかるためほかの施設に比べて高額になるのです。

この費用のことを「上乗せ介護費」と呼ぶそうです。より手厚いサービスがある施設ほど高額になるということだけは覚えておくといいかもしれません。また上乗せ介護費は施設ごとに設定が異なるので、どのくらいになるのか事前に確認してみてください。

事前見学や体験入居がおすすめ

老人ホームは全国的に増加傾向にあり、またサービスや施設の内容も豊富になってきています。入居者が自分に合う施設や入りたいと思えるような施設も増えていますが、その一方でどこを選べばいいのかわからないと感じる方も多くなっているのではないでしょうか。

また格安老人ホームや高級老人ホームなど、価格面での差が施設によって大きく開いているので、価格による違いなどを知っておかないと後悔することになってしまうかもしれません。

だからこそ気になる老人ホームには見学に訪れたり実際に体験入居をしてみたりして、本当にこれから長く暮らせる場所であるかを料金面含めて考えていきましょう。そうすれば、できるだけ不安を減らした状態で入居できるはずです。

基本的にどこの老人ホームでも見学や体験入居に対応しているので、その機会に料金のこと、施設のこと、場所や環境について確認して新しい生活により期待できるようにしておきたいものです。もちろん見学や体験入居は複数施設おこなっても問題ないので、納得できるまで探してみてください。

老人ホームの料金についてアンケートをとってみました!

老人ホームの料金に関するアンケートを実施したので、最後にそのアンケート結果を紹介します。まず初めに行ったアンケートは「老人ホームを検討する際、料金を気にしますか?」です。

老人ホームを検討する際、料金を気にしますか?の画像
結果は、「はい」が91%とほとんどの方が料金を気にして老人ホームを選んでいることが分かりました。やはり、料金は多くの方の気になるポイントとなっており、なるべく安い老人ホームがいいと思っている方が多いようです。

しかし、安いことばかりに重視するとサービスの質があまりよくないのでは、と思う方も多いのではないでしょうか。そこで「安さをウリにしている老人ホームのイメージ」についても回答してもらいました。

その回答結果は、「設備がしっかりしていなそう」「介護職員の人数が少なそう」「最低限のサービスしかしなそう」「食事の質がよくなさそう」などで、悪い印象をもつ方が多かったです。確かに安すぎる老人ホームは少し不安に感じてしまいますよね。

そのため、先ほども述べたように老人ホームを選ぶ際には事前見学や体験入居をすることをおすすめします。安くてもサービスの質が高い老人ホームもたくさんあるので、値段もサービスや設備の質も満足できる老人ホームを見つけてくださいね。

値段の安さだけで老人ホームは選ばない!

老人ホームに入居してからもできるだけ費用を抑えたいがために、どうしても安いというだけで老人ホームを選びたくなってしまう方もいるでしょう。もちろん選ぶ理由として安さを挙げるのは悪いことではありませんが、安いことだけを理由に決めてしまうのはやめましょう。

安い理由がしっかりしている老人ホームであるか、もし入居したとしてどのような弊害が考えられるのかなどを確認した上で、納得できる老人ホームであるか判断しましょう。そしてご自身やご家族も安心して暮らせる場所を見つけられるといいですね。

                       

札幌市の老人ホームを徹底比較こだわりから老人ホームを探そう

入居環境が充実の老人ホームおすすめ3選

ひとくちに老人ホームといっても、施設の種類も違えば、施設ごとの特徴なども異なるため、どの老人ホームを選べばよいか迷ってしまう方も少なくありません。そこで当ページでは、札幌市にある老人ホームを入居施設の充実度の観点で厳選比較し、おすすめの老人ホームを3つピックアップしています。


そのほか、老人ホーム選びにおいて欠かせない入居環境について、確認が必要な理由や実際に確認しておきたいポイントなども紹介しています。入居後の暮らしの良しあしは老人ホーム選びで決まると言っても過言ではありませんので、失敗しないためにもぜひ最後まで御覧ください。

詳細はこちら

料金面で安心の老人ホームおすすめ3選

老人ホーム選びにおいて必ずと言っていいほど気になるのが料金ではないでしょうか。ただ、施設ごとにサービス内容も価格設定も違うため「どの老人ホームを選んだらよいか決めきれない!」という方も多いはず。このページでは、札幌市にある老人ホームを料金の観点から厳選比較、おすすめの老人ホームを3つピックアップしています。


そのほか、老人ホームの値段の違いについて、事前に押さえておきたいポイントなどもご紹介しています。リーズナブルな価格帯でも安心して暮らせる老人ホームを知りたい、という方は当ページの情報を参考にしてみてください。



北海道における老人ホームの相場料金は入居時が13.4万円、月額の利用料が12.7万円となっています。しかし、中には月額10万円以下や入居料が0円の老人ホームも存在します。
サービス内容もさまざまですが、入居者の状況や家計に合わせた適切な老人ホームを選ばなければなりません。こちらでは、数ある老人ホームの中でも特におすすめしたいところをまとめていますので、ぜひチェックしてください。

詳細はこちら

介護・医療サービスが充実の老人ホームおすすめ3選

老人ホームにはさまざまな種類があり、サービス内容や特徴も異なるため、すべての施設で介護や医療サービスが充実しているとは限りません。このページでは、札幌市にある老人ホームを医療・介護サービスの充実度の観点で厳選比較をし、おすすめの老人ホームを3つピックアップしています。


そのほか、老人ホームでおこなっている健康管理の内容をはじめ、老人ホームにはどのようなスタッフがいるのかなどもご紹介しています。老人ホームに預けるのが心配な方、介護や医療サービスが充実している老人ホームを選びたい方は当ページの内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら